バナー

情報伝達を加速するWEB会議

WEB会議は、通信を活用した会議の方法で、場所と距離を考慮しないリアルタイムの会話を実現します。

通信設備は必要ですが、有線と無線を区別しないので、安定性さえあれば直ぐにでも使い始められます。

WEB会議を活用する利点は、情報機器を最大限に活かして会議が行える事、そして活動の場を限定しない情報伝達を可能とする事です。
従来の会議は、同じ場所に集う事が必須でしたが、非効率で時間の消費が大き過ぎる事が欠点でした。

しかし、WEB会議は端末が通信に繋がれば、基本的にどこからでも参加を行う事が出来ます。


WEB会議のもう一つの特徴は、情報共有の効率化で、リアルタイムの会話だけではなく、必要に応じてファイルのやり取りを行える事が利点になります。

メールやFAXは、形に残る情報伝達の方法で、特にメールは素早い送信に利点があります。

本当のWEB会議はとても評判が良いです。

ただ、仕組みから情報量に限度があるので、リアルタイムに顔を見ながら会議に活用する事は困難です。一方では、チャット形式のサービスが受け入れられていますが、同時会話や機能の充実といった点に問題があります。

カメラとマイクを使った画面上の会話は、従来から存在する技術ですが、これらをベースに機能を高めた仕組みがWEB会議です。



分散した技術は、多様性を持つ仕組みに取り入れられているので、一つの製品を導入するだけで高度な機能が使える様になります。


大規模用途では有償のソフトが役立ちますが、試用期間や小規模であれば、無料の製品でも高度な機能の有効性を垣間見る事が出来ます。

Yahoo!知恵袋情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。